2012年8月22日水曜日

僕の話(警察に追い返された時の話)

ホームレスになって少ししてから僕は警察に行った。

明らかに事件だと僕も思ったし、

消費者センターや、労働基準監督署や、弁護士の人にも、

警察に行った方が良いと言われ、

行けば少しは何か改善案が出るかもしれないとの思いだった。


まず最初に行ったのは、寝泊まりしている公園やネカフェ近所の交番。

交番に入って、

強制的に部屋を追い出された件を伝えた。

すると、

「家賃は?家賃未払いだったんじゃないの?だったら追い出されて当然だよ」

「大体元々住んでたのはこの辺なの?まず住んでた部屋の近くの交番に行くのが普通でしょ?」

といった様な事を言われてしまった。


元々、おまわりさんに対して僕は良いイメージを抱いていなかったのだけれど、

流石にその言い方は無いだろうと思った。


細かい事情も聞かず、

「どうせ家賃未払いだったんでしょ?払わない方が悪いんじゃないの?」

とネチネチ言って来るので、

早々に諦め、元々住んでた部屋の近くの交番に行った。


二軒目の交番では割と丁寧な対応をしてくれた。

キチンと書類を作ってもらい、

追い出される日の一か月前くらいからの状況を事細かに説明し、

それを記録に取ってもらえた。


「これは難しいね」

担当していたお巡りさんがそう言った。

弁護士さんに相談した時に、

器物破損・窃盗・不法侵入の罪を確実に犯していると説明されたので、

これは犯罪だろうと僕は思っていた。

どういう事だろうと思っていると、

「誰が犯人か分からない」

との事だった。


それを調べるのが警察の仕事なんじゃないのか。

僕が犯人の証拠を持って来なきゃいけないのか。

なんだそれ。


担当した警察官が言うには、

荷物を持っていったのは管理会社なのか、僕の元雇い主の中谷社長なのか。

家賃は結局どうなっていたのか。

荷物がどこにあるのか。

それが問題だ。という事だったのだけれど、

そんなの個人レベルで調べれる訳が無いだろうと僕は思った。


最終的に、

「家賃が支払われていたのならば事件だけど、支払われていなければ事件ではない」

という事を言われた。

そして、

家賃を中谷社長が払っていなかった可能性が濃厚であるので、

これは刑事事件の範疇では無い。

という結論を出されてしまった。


せめて調査とかしてくれないんですか?

と僕も粘ったら、

「上の者に聞いてみる」

と、電話をかけてくれた。

でも結局、

「これは多分刑事事件じゃないと思うから、現時点での捜査は出来ない」

との答だった。


「多分」

とか

「恐らく」

とか、

そんな曖昧で良いのだろうか等という気持ちすら無くなってしまった。


どうでも良い。

警察なんかに頼った自分がバカだったのだ。


警察からしてみたら、

何かややこしいヤツが来たから適当に相手して追い返そうくらいの気持ちだったのかもしれない。


でも、

こっちは藁にもすがる気持ちで相談に行ったのだ。

「何とかなる方法があるかもしれない」

その気持だけで警察に相談しに行ったのに、

「多分刑事事件じゃないと思う」

という非常に曖昧な判断で追い返されてしまった。


もう二度と警察なんかアテにするかと思った。

16 件のコメント:

  1. はじめまして。
    ホームレスの方がどういう暮らしをしているのか、またどういう境遇でホームレスになったのかに興味があったので、たまたまネットで検索してこのブログに出会いました。
    まだ全ての記事を読み終えたわけではないですが、ホームレスの方のリアルな生き様がこのブログを通して感じられました。私は社会福祉などに関わってる人間ではありませんが、個人レベルでホームレスの方々が抱えてる問題を少しでも解決できるようになりたいと思っています。このブログは今後何かしらのホームレス支援活動の参考にさせて頂きたいと思います。
    ところで、最近は記事を投稿されていらっしゃらないようですが、何かあったのでしょうか?もしブログを継続できる状況でいらっしゃいましたら、是非このブログを続けていっていただきたいと思います。

    返信削除
  2. 読んでいて辛いです。 今貴方はどんな風に生活されてるのでしょうか。 人並みに生活が戻るよう応援してます

    返信削除
  3. 私は、ある事情で10日後位からホ―ムレスにならねばならなく成りました。行く先も全く分かりません、病気の体で、いや病気だからホ―ムレスにならざる得なかったのです。ただ天命に従うだけですね。

    返信削除
  4. 少し経緯を読ませてもらいました。20代でホ-ムレスになる...かなり精神的、身体的に辛い状況だと思います。
    だけど、頑張っている。凄く伝わりました。
    仕事も探して働いたり、生活する上でいろんなことを学んでいる。生きるって大変だけど、苦しい事があったら、絶対楽しい事や嬉しい事ありますよ!信じて下さい。人生、山あり谷ありですが、幸せになりましょう。
    これからも、負けないで頑張って下さい。応援しています。

    返信削除
  5. はじめまして。

    どうされておられるのか心配しておりましたが、3月にコメント欄にご返信がございましたので安心致しました。

    文章がとても読みやすいです。
    他者との関わりの中で生まれる心の動きや考えなど、置かれている状況は違っていても、大変共感できるものですね。


    お体、大切になさって下さい。

    京都大好きな関東人より


    返信削除
  6. 非常にしっかりした文章で綴られていて興味深い文章だと思いました。

    自分も現在、いろいろあって、いつ家をでなければならなくなるか分からない状態です。
    そうなったらどうすればいいのかと不安を抱えています。

    ブックマークしておきます。もし余裕ができたらまた更新して頂けると助かります。
    一人でも同じような境遇の方がいると想うと、少し安心できるんです。

    世間は好景気がやってくるかもと騒いでいますが、
    自分のような境遇のものはちっとも安心できないままなのが悲しいです。
    一体いつになったら、こんな馬鹿げた状況に終わりが来るのでしょう。

    返信削除
  7. 生きてますか?頑張ってください!

    返信削除
  8. はじめまして。
    今の貴方様の生活が気になるところですが…。
    とても濃い人生ですね。
    すごいです…
    もし自分がその状況だったなら
    もしかしたら自殺していたかもしれません。

    努力、頑張り、一生懸命さが
    伝わりすぎる程伝わりました。

    応援してます!
    自分も応援できるような立場じゃないですけど、、。

    何事にも前向きに頑張って下さい。

    貴方様が今幸せな人生を送れていることを願います。

    返信削除
  9. はじめまして。
    私は2011年春から日雇い派遣や人夫出しの土木作業でネットカフェ生活しています兵庫在住の27才です。
    仕事がなく1週間近くほとんど何も食べれなかったり、外で寝た事もしばしばありました。
    そういう辛い時も、このブログを見て、同じような境遇に立たされ自分だけじゃなく頑張ってる人は他にもいるって思えて励みにさせて頂けました。
    来月からやっと安いワンルームですが住む所も決まりました。
    このブログのお陰で辛い時1人じゃないと思える事で勇気を頂き、社会復帰のスタートラインまで来る事ができました。
    ありがとうございました。
    お互いこれからの人生豊かで幸せな物になるために頑張りましょう。

    返信削除
  10. みなさん、コメントして頂き、ありがとうございます。
    なかなかコメントが返せなくて申し訳ありません。
    私は、現在少し狭いですがワンルームアパートに住んでおり、正社員ではありませんが契約社員として工場で働きながら何とか頑張っております。
    このブログが似た境遇の方の励みになればこんなに嬉しい事はありません。

    返信削除
  11. はじめまして。今日こちらのブログにたどり着きました。最初から最後まで一気読みです(笑)
    ブログ読ませていただいて、私も頑張ろうという気持ちになり、頑張ればきっとどうにかなるんだと勇気をもらいました。
    ありがとうございました。

    ブログ主様の人柄のよさや考え方には惹かれるものがあります。この先必ず良い展開が待っているはずです。必ずです。

    もしできれば記事の更新していただきたいです。気長に待っています。

    返信削除
  12. https://twitter.com/uipoui

    返信削除
  13. 責めるわけではありませんが、中村さんとその会社とのやり取りを中途半端にしていたからこの状況になったのではないでしょうか?
    私は自己主張が苦手で人に強く言えないので、私が同じ状況に陥った時は同じような結果になるかもしれません。
    同じ苦しみを味わせたくないという趣旨ならば、ちょっと違うんじゃないかなーと思いました。
    それとは別にですが、ここの記事はとても興味深いです。あなたの経験を読ませてくださりありがとうございます。

    返信削除
  14. こんにちは
    この欄は比較的見ている人も多く、更新もしてみえるようなので。

    さっきも書き込みかけて、最後に消えてしまいました。
    URLにツイッタのを入れようとして確認のためツイッタを開けようとしてたら・・・
    ブラウザが固まりそのままで、しばらく待って、そのウィンドウだけ閉じようとしたのに、ブラウザ全て終了・・・orz
    なんてボロイ・・・一応有料なのに酷い! と愚痴ってもなんですが・・・

    思い出せるところだけ書き込ませていただきます。

    一番上のコメントの方 支援団体の方のようですが、弱者救済ではなく弱者搾取、の状況をどう思われますか?

    前の書き込み


    今の書き込み
    http://homeless-075.blogspot.jp/2012/06/blog-post_28.html?showComment=1399873068444#c3340403492428262237

    最近見たこのような意見
    http://b.hatena.ne.jp/entry/detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1239987122;_ylt=A2RAEET2Nm5TBCEAhNAYAPR7

    oooqureee (役所や母子施設やシェルター…)は、 根本的なDV自体やDV被害者に対するきちんとした知識があると思いますか?DV被害者に対して偏見のある人間がなぜ、DV支援をしているのか教えてください 2014/05/11

    oooquree BA“弱者救済運動などと称するものの中には得てして自分たちが救済の対象としている人たちを低位のものとして扱っている場合が少なくありません” 2014/05/11

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1239987122

    DV被害者が頼りの繋にしているDV被害者を支援している機関の人間(役所や母子施設やシェルター…)は、 根本的なDV自体やDV被害者に対するきちんとした知識があると思いますか?

    DV被害者に対して偏見のある人間がなぜ、DV支援をしているのか教えてください。

    それらが二次被害に繋がり、さらにDV被害者が二重につらい思いをし苦しめるという事を理解されているのでしょうか?

    ベストアンサーに選ばれた回答

    dvnakunareさん

    とても素朴な良い質問です。

    これはあくまで私の個人的見解ですが、DV被害者を支援している機関の人間にはどう見てもDVやDV被害者に対するきちんとした知識があるとは思えません。
    DV被害者救済運動家が声高に活動を始めてから順調にDVが増え続けているのが何よりの証拠です。これはやり方が明らかに間違っている事を示しています。
    そもそもDV被害者にとって必要なのは自立できる経済力や福祉なのであってDVシェルターではありません。せいぜい2、3週刊程度しか滞在できないDVシェルターが根本的な解決策にならない事は明白です。DVシェルターを運動の中核にすえる態度はどう考えてもDVの実態が分かっていないとしか言いようがありません。

    >DV被害者に対して偏見のある人間がなぜ、DV支援をしているのか教えてください。

    不思議に思うかもしれませんが、差別反対運動や弱者救済運動などと称するものの中には得てして自分たちが救済の対象としている人たちを低位のものとして扱っている場合が少なくありません。なぜと言われると難しいのですが、その人たちの心理の問題ですから「そんなもんだ」としか言いようがありません。
    例えば最近では派遣労働者救済運動にも見られるように社会的弱者とされる人を助けたつもりになる事で自分の優位を確認したいのかもしれませんね。

    >それらが二次被害に繋がり、さらにDV被害者が二重につらい思いをし苦しめるという事を理解されているのでしょうか?

    全く理解していないでしょう。
    その典型がDV被害者に対して「あなたは悪くない」とDV被害者に罪の無い事を強調しておきながら離婚をためらう妻に対して、「危険なのになぜさっさと別れないんだ」離婚しない態度を詰り暗に「別れないお前が悪いから暴力を受けているのだ」と矛盾した批判でDV被害者を傷つけます。

    下記のサイトでDV運動の知られざる恐るべき実態が詳細に解説されていますので参考までに読んでみてはいかがでしょうか。
    http://www.geocities.jp/fghi6789/dv.html


    -----------------------------------------------
    でも、私はDVはDVでっちあげもあるし、DVでっつあげのでっちあげもあるよ思うので、すぐ上のリンクの人に全面的に賛成でもありませんが。

    返信削除
  15. 前の書き込みをリンクするのを忘れました。
    http://homeless-075.blogspot.jp/2012/06/blog-post_21.html

    私は追い出し屋被害ではなく、追い出し屋対策弁護士被害です。
    救済しないという以前に、嘘を言われました。
    でも、無料相談で個人の事務所だと、債務不履行にならないので、何のお咎めもありません。
    私対私 で、義務も一般国民と同じものしか課されてません。依頼者になると多少変わりますが。でも弁護士有利に作ってあります。
    憲法の基本的人権にうたわれていることは、一般国民にとっては努力義務なので、何の罰則も強制力もありません。それと同じです。
    弁護士法も、うたってある努力義務は強制力も罰則もありません。
    行政は違いますが。

    こういうことを踏まえると・・・
    弁護士なんて一番弱者救済に向かない立場の人だと思いますが、何の対策も為されてません。

    脆弱性に気づいて指摘すると怒ってきて、パッチを配布どころか、怒ってきて言わせないようにする、まるで御用学者

    支援団体を自称されている書き込みの方は、こういう問題についてはどう考えられるのでしょうねw

    https://www.youtube.com/watch?v=BecaDgrapkU
    これは苦情が通らない様子の録音

    http://togetter.com/li/215876
    弱者救済弁護士の問題点を改善しよう!~私のアパート返して~保全できないと嘘

    http://togetter.com/li/207253
    上から目線と言われた話 「私は反貧困も掲げている弱者救済の会の弁護士に相談していてアパート半壊させられたんですが・・・こういう話はタブーなんですか?大阪じゃありません名古屋です。ボランティアが電話に出ると話は受け付けますが弁護士だと受け付けません。」 28日posted at 21:53:48   と送ったら、相談先がなくて困っているのかと言われ、紹介の話にすり変えられ上から上からと書かれた。

    http://anond.hatelabo.jp/20111030233458
    こっちのが読みやすいかも

    http://anond.hatelabo.jp/20111005050645 を載せた( 経緯がわからないと言うから経緯のわかるものとして )ら批判してるのかと言われた。反貧困弱者救済じゃなく、食い詰めた弁護士が過払いを拾いに来るついでに手間がかからない状態にした訴訟や調停をしないものを受任料目当てで拾う、食い詰め弁護士救済になっている状況を見て何とも思わないなんておかしい。

    弱者主体ではない。

    救済する側主体

    上から目線云々なんて、それが最も現れたセリフ

    大阪の電話相談で名古屋を紹介された。大阪にも関係ある。

    こんな状態のところを、良いもののように広めるなんて。問題を指摘されたら謙虚に受け止めるならわかるけど、「上から目線」と言ってくるなんて

    追記 (ここに書いた方が見えやすいので)

    私は弁護士を全否定しているわけではありません。真ん中へんにリンクした増田日記にも書いてますが、賠償金が無しで訴訟をしている弁護士もいます。弱者救済とは関係ない大きい事務所でした。共産党の弁護士に、京都の借家が壊された判例平成18年(ワ)第2455号の記録(代理人は共産党 借地借家人組合の仕事 賠償金50万)を資料として持って相談に行ったら 「勝てるだろうけど、賠償金が数十万だから弁護士が嫌がる」と言われそんな所に住んでいたら今にやくざのような人が来るとか散々な事を言われたので

    賠償金が数十万のものがあるかどうか、判例を調べ裁判記録を閲覧しに行きました。

    この相談以来法律家と接する時は、必ず記録を録る事にしました。これは違法ではありません。弁護士被害についてのサイトを見ても色んな弁護士がいるし、懲戒処分の記録を閲覧できるようにしたサイトもあります。wikipediaには「近年弁護士が実刑判決を受けるケースが増えており、暴力団を除けばわずかな弁護士集団から毎年これだけの実刑判決を受けるような組織はない」と元検察の人の著書から引用した文章が載ってます。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB

    慎重にならざるを得ないと思います。

    弁護士はやくざだと言ったわけではなく、対処の仕方がやくざと同じ「一人で行かない」「証拠を残す」と言う意味で言っただけなのに、上からになるんですか? ツイートも今確認しましたが「やくざと同じ対応」と書いてます。





    人に上から目線と言う上から目線という可能性は無いのだろうか?

    それに、巧妙に色々な誘導をしようとして、私にネガティブなイメージを植え付けようとしているようにも見えるが、それは「こういうネガティブな人だから助けなくて良い」という事を言外に含んでいるのではないかと思うけど、ちょっと無理があると思う。(色々な誘導と言うのは、そうも見えるという仮説です)

    まず、上から目線 という抽象的で主観的な事を理由に助けないというのが、疑問。

    上から目線の人には人権が無い 

    でいいと思っているのだろうか?

    それに、私はここに弁護士の紹介を求めてない

    名古屋の貧困救済やその他の弱者救済をやっている所の問題点を述べて、その後は大阪の会の事は知らないから批判していない、名古屋の会は話し合ったり改善すべきところもあるのではないか?と言っているし、組織と言うのも一枚岩のようなものではなく色々な人がいるだろうから、困った弁護士がいるのを知らない人もいると思うとも書いている。

    ボランティアが電話に出ると、それは酷い 上の者に言っておきます という話になるが、上の者が私にアパート保全ができないと言った弁護士を紹介した弁護士なので、そこで話が止まってしまう、というような事も書いている。

    (電話で話した弁護士はアパートの保全ができると言って実際に動く弁護士を紹介した)

    詳しくはこのあたりにも http://anond.hatelabo.jp/20111005050645

    これだけではわからないほど問題はあります。弁護士だけではない問題もあります。

    これではまるで、私が書いた10月25日の 21:51:31

     「自殺者や弱者救済の相談をたやすくやる人がいる理由について、考えて立てた仮説。

    ホワイト会社を辞めてきた話http://goo.gl/cvwenの極道が最初から潰すつもりで関わる例、こういうのナニワ金融道で読んだ気もする。こういう感じじゃ?死人に口無しだから殺すつもりで弄んでもおk」



    29日の 

    弱者救済と同じで自分に都合の良い弱者を助けると弱者に支持されいいひと認定されるので好きな事ができる。弱者は助けなくても自滅するから都合の悪い奴は放置でもおk 何かあってもあの人は困ってる時助けてくれた良い人と言われる。 #jisatsu

    posted at 17:10:34

    みたい

    (28日のは一般論です。)

    自分の責任じゃないのに親からの被害から逃げている人もいます

    http://alfalfalfa.com/archives/1494324.html

    自己責任じゃないという主張のはずのところが、一番自己責任に近い対応をするなんて・・・

    私は名古屋の自分が前にボランティアで行っていた所から一応弁護士の連絡先だけはもらってますが、この人も同じ会だろうし不安もあるから複数で見張ったり、話を通したりした方が、どこまでできるかわからないけど弁護士司法書士をあたってみるより現実的だと思います。

    そういう話もしてないし、全部先走っている。

    こういうの地震の被災者にやったら問題だと思うけど、自分達が相手にしている貧困者は食い詰めた奴だから、自己責任自業自得だからいいんだとでも思っているのでしょうか?

    私は家賃を払っていて、アパート半壊にさせられ、鍵施錠もされ、キチガイじみた親も連れて来られ(交番で警官が電話で話しても鍵を持ってこなかった) という目に遭ってますが

    これは 人災じゃないんでしょうか?

    自己責任ではないと思います。

    http://togetter.com/li/202013

    前に集めた「家賃滞納して追い出し屋被害に遭ったネットニュース記事へ家賃滞納なしで同じ事をされた話を書き込んだが」です。私は追い出し屋被害に遭ったのではなく、立ち退きで追い出し屋対策の弁護士に相談してたら、法的に間違った事を言われアパートの保全も僕の解釈ではできませんと言われしてくれなかったが、後でそれがおかしい事がわかったという追い出し対策弁護士被害の話です。

    弱者救済が貧乏な弁護士救済になってます。

    基本的人権に自己と他者の区別は無いのだから、こういう対応は人権意識を欠いていると思います。

    それに、私は何も闇雲に責めてるわけでもなく、ボランティアは善良だったとか、組織と言っても一枚岩のような物ではなく、中には問題ある弁護士がいるのを知らない人もいると思うとも書いてました。

    問題は問題として、改善に取り組むべきだと思います。

    ツイート内に貼った動画も、弁護士告発のものですが、他にユニオンの告発もしてます。側に居る人は別ユニオンの人ですが、批判を認めてます。

    借地借家人組合京都には「共産党がそんな事するはずがない!」と怒られましたが、そんな事も言ってません。

    (この反貧困団体とは別ですが、共産党弁護士も訴訟しない、相手方に弁護士がついたから交渉したいと言い出し、それだけではなく親の事について怖がってるのに法的な措置を取らなかった。)
    続く

    返信削除